保存期間が過ぎた画像, LINE, 画像, 保存期間

  • LINEで送られてきた画像の保存期間が過ぎていて開くことができない!?
  • 保存期間が過ぎた画像を復元させる方法はないの?
  • 受け取った画像が削除されないようにバックアップを取る方法は?
キャラ(笑顔)

LINEトークで送られてきた画像には保存期間が存在し、それ以降に画像を開こうとしても既に削除されているために開くことができません。

そのため、一度削除されてしまった画像は復元できませんから、もう一度 LINE友だちから送信してもらうしかありません。

また、LINEトークで画像が送られてきた場合には、とりあえず開いて確認しておくことをオススメします。

ちなみに、LINEトークで送られてきた画像の保存期間は2週間となっています。

画像が送られてきても、そのうちどうせ見るでしょ。と放っておくと気がついたら2週間以上経っていたなんてことはよくあります。

保存期間が終了したため写真が読み込めません

保存期間が終了してしまった写真を開こうとすると、以上のような画像が表示されます。

このような画像が表示されてしまうと、どう頑張っても写真データを復元することはできません。

ということで、以下のブログ記事内容では補足情報として、LINEトークで送られてきた写真データが知らない間に消えてしまっていた!ということが怒らないようにする対策についてお伝えしていきます。

追記:アップデート内容(2016年10月30日)
トークルームの+メニューに「投票』機能を追加 

キャラ(笑顔)

2016年10月30日のLINEアプリ アップデートによって、LINEトークのプラスメニューに新しく『投票機能』と言うものが追加されました。

詳しい情報については、以下のブログ記事でご紹介しています。

今回のブログ記事コンテンツ一覧
  • LINEアルバムで写真・画像のバックアップ
  • LINEキープで写真・画像のバックアップ
[ad]
記事は下に続きます。
スポンサーリンク

LINEアルバム機能で写真・画像のバックアップ

LINEアプリには、LINEトーク上の写真をまとめて保存できるLINEアルバムという機能があります。
キャラ(笑顔)

LINEトークで送られてきた写真・画像データの中でも、特に今後も確認する必要がありそうなものであったり、大切な思い出になりそうなものはLINEアルバムに保存しておきましょう。

LINEアルバムは名前を付けてトークルーム毎に複数作成することができます。

ですから、イベントや飲み会などがあった際にはそうした出来事毎にLINEアルバムを作成して、後から簡単に写真を見つけることができるようになります。

それではさっそく、LINEアルバムの作成方法について解説していきます。

設定ボタン⇒アルバム

LINEアルバムは基本的に、LINEトークの相手もしくはグループメンバーと写真を共有する目的で作ります。

そのため、まずは写真を共有したい相手もしくは、グループのトークルームを開いてから設定ボタンを押して、『アルバム』という項目をタップします。

LINEアルバム, 画像保存, 画像共有

『アルバムの作成』をタップ

そうすると、『アルバムの作成』という項目があるのでタップします。

LINEアルバム, 画像保存, 画像共有

カメラロールからLINEアルバムに追加する写真を洗濯

そうすると、カメラロークが開かれるので、LINEアルバムに追加したい写真を選択してから、右下に表示されている『洗濯』というボタンをタップします。

LINEアルバム, 画像保存, 画像共有

アルバム名を決めて、『アルバム作成』をタップ

そうすると、LINEアルバムに追加された写真が一覧で表示されるので、アルバム名を決定します。

アルバム名を入力し終わったら、右下にある『アルバム作成』をタップします。

LINEアルバム, 画像保存, 画像共有

以上で、LINEアルバムの作成は完了します。

繰り返しになりますが、LINEアルバムは特定のLINE友だちと写真を共有することが目的ですから、LINEアルバムの作成が完了するとトークルームに以下のような通知が表示されます。

LINEアルバム, 画像保存, 画像共有

以上のように、LINEアルバムではトークルームの友だちと写真を共有する上では大変便利なんですが、個人的に保存しておきたい写真などの場合には相手に保存したことがバレてしまいます。

もし、トークルームの相手に気づかれずに写真を保存したい場合には、LINEキープ機能を使いましょう。

LINEキープ機能を使って写真・画像のバックアップ

LINEキープはトーク上に表示されているテキスト・画像ファイル・動画・EXCELファイル・音声ファイルなどあらゆるものを保存しておくことができます。
キャラ(笑顔)

LINEキープには1GBもの保存容量があり、原則的に保存期間は無制限で利用することができます。

さらに、基本的にはデータを誰にもバレずに個人的に保存することができますし、必要があればLINE友だちと簡単に共有することもできます。

ただし、LINEキープを使う上では一つ注意事項があります。

基本的に保存されたデータは無期限で保存しておくことができるのですが、ファイル容量が50MBを超えるファイルの場合には30日間のみの保存となります。

30日間の保存期間が過ぎたデータは自動的に削除されてしまうことになりますから、LINEキープを活用して大容量のファイルを保存する際には注意するようにしてください。

それでは続いて、LINEキープを使ったデータを保存する方法について解説していきます。

データを長押し⇒『キープ』をタップ

まずは保存したいデータを長押しします。

すると、以下の画面のようにメニュー画面が表示されるので『キープ』という項目をタップします。

LINEキープ, 保存方法

LINEキープに保存するデータを洗濯

そうすると、LINEキープに保存するデータを選択する画面に切り替わります。

この画面で保存したいテキスト・画像・音声ファイルなどを選択し終わったら、右下に表示されている『保存』をタップします。

LINEキープ, 保存方法

LINEプロフィールから確認

以上で、LINEキープへのデータの保存は完了です。

保存したデータの確認はLINEプロフィールに表示されている『キープ』をタップすることで可能です。

LINEキープ, 保存方法

最後に

今回のブログ記事では、『保存期間が終了したため写真が読み込めません』と表示されてしまった画像データの復元は可能なのかどうなのか?という疑問についてお答えしていきました。

また、LINEトーク上で送られてきたデータのバックアップを簡単に取る方法をLINEアルバムとLINEキープの2つお伝えしていきました。

キャラ(笑顔)

LINEトークで送信された画像には2週間の保存期間がありますが、一度でも保存期間が過ぎてしまうと自動的に削除されてしまいます。

また、どうしても画像データを復元することはできませんから、もう一度友だちに送信してもらうようにしましょう。

ただ、もう一度画像データを送信してもらうのは相手に手間を掛けてしまいます。

ですから、重要な画像データが送られてきた場合には、できるだけ早くLINEアルバム、もしくはLINEキープを活用して保存する習慣をつけるようにしましょう。

今回はLINEトーク上の画像データの保存期間やバックアップを摂る重要性についてお伝えしていきました。

キャラ(解決)

こちらのブログ記事では、LINEアプリの他の機能である『LINEノート』と『LINEキープ』との機能の違いや活用方法について解説しています。