LINEトーク 履歴 保存

LINEトークの履歴を画像としてスマートフォンに保存する方法について解説していきます。
キャラ(笑顔)

LINE KEEPの機能を活用すればLINE上にトーク履歴を保存することはできますが、今回はスマホ上に保存する方法をお伝えしていきます。

iOSがアップデートされたことで、LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップしておくことができるようになりました。

アップデート以前でもパソコンを活用してiTunes経由でトーク履歴のバックアップを取ることはできましたが、今回はスマートフォンだけでバックアップを取る方法をご紹介していきます。

iCloudにトーク履歴をバックアップしておけば、以下のようなメリットが得られます。

メリット一覧
  • iPhoneやアンドロイドを紛失、故障しても復元可能
  • パソコンを使わずともスマホだけでバックアップ可能

追記:アップデート内容(2016年10月30日)
トークルームの+メニューに「投票』機能を追加 

キャラ(笑顔)

2016年10月30日のLINEアプリ アップデートによって、LINEトークのプラスメニューに新しく『投票機能』と言うものが追加されました。

詳しい情報については、以下のブログ記事でご紹介しています。

それではさっそく、iCloudを活用してLINEのトーク履歴をバックアップする方法を確認していきましょう。

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

iCloudの設定

iCloudの設定を行う前の段階であらかじめ、iPhoneの『iCloud Drive』をオンに設定しておく必要があります。

iPhoneの『iCloud Drive』設定

『設定』⇒『iCloud』⇒『iCloud Drive』

以上の流れで『iCloud Drive』の設定画面へ移動できるので、設定画面から設定をオンにすれば事前準備は完了です。

LINEでのバックアップ設定

「設定」→「トーク・通話」→「トークのバックアップ」→「今すぐバックアップ」

キャラ(笑顔)

以上の流れでLINEのバックアップ設定が行なえますが、以下で分かりやすく画像を交えながら解説していきます。

これだけでの簡単なステップでLINE友達とのトーク履歴や画像をバックアップすることができますから、ぜひバックアップの設定を完了させておきましょう。

キャラ(笑顔)

LINEの設定画面へ移動します。

そうすると『iCloud』という項目があるのでタップします。

LINEアカウント トーク履歴を送信 バックアップ

『iCloud』の設定画面へ移動したら、『iCloud Drive』という項目をタップします。

LINEアカウント トーク履歴を送信 バックアップ

続いて、LINEアプリの『設定』から『トーク・通話』をタップします。

LINEアカウント トーク履歴を送信 バックアップ

『トークのバックアップ』をタップします。

LINEアカウント トーク履歴を送信 バックアップ

そうすると、『今すぐバックアップ』という項目が表示されているので、こちらのボタンをタップすれば今すぐにバックアップを作成することができます。

LINEアカウント トーク履歴を送信 バックアップ

以上で、LINEトーク履歴に表示されている画像をスマートフォンのみで保存する方法は完了です。

最後に

今回のブログ記事ではLINEに表示されている画像をスマートフォンのみで保存・バックアップする方法について解説していきました。
キャラ(笑顔)

今回の簡単な設定を予め行っておくだけで、大切なトーク履歴や画像を守ることができます。

また、友達とのLINEトークは楽しいものですが、友達追加・登録の際にはできるかぎりID交換を行うべきではありません。

キャラ(解決)

ID交換を行うデメリットや対策についてはこちらのブログ記事で解説しています。