LINE, タイムライン, 公開範囲設定

  • LINEタイムラインの公開範囲を設定したいんだけど?
  • 特定のLINE友だちにはタイムラインを見られたくない!
  • タイムラインの投稿毎にプライバシー設定はできるの?
キャラ(笑顔)

LINEタイムラインに関しては以上のような疑問や要望がよく見受けられますが、

今回の記事ではLINEタイムラインのプライバシー設定方法から投稿毎に公開範囲を設定する方法をご紹介していきます。

LINEタイムラインでは特定の友達に対しての非公開設定や投稿毎にプライバシー設定を行うことができますし、

最近では、LINE友だちになっていないユーザーに対してもLINEタイムラインの投稿を表示することができる『全体公開』という機能も使えるようになりました。

追記:アップデート内容(2016年10月30日)

  • 投稿を横スクロールで見られるダイジェスト形式で表示
  • 24時間後に自動削除される投稿機能の追加
  • 投稿をリンクで共有できる機能を追加
  • 作成中の投稿を下書き保存できる機能を追加 
キャラ(笑顔)

2016年10月30日のLINEアプリ アップデートによって、LINEタイムラインの表示形式の変更や新機能の実装が行われました。

詳しい情報については、以下のブログ記事でご紹介しています。

チェック ⇒ LINEの投稿をリンクで共有可能!相手にバレる?共有範囲は?
チェック ⇒ LINEの投稿を横スクロールで見れるダイジェスト形式とはどうやるの?
ブログ記事コンテンツ一覧
  • タイムラインの公開範囲を設定する方法
  • 投稿毎にプライバシー設定をする方法
  • 『全体へ公開』機能の使い方&注意点
記事は下に続きます。
スポンサーリンク

タイムラインの公開範囲を設定する方法

デフォルト設定の状態でLINEのタイムラインに投稿をすると、LINE友だちのタイムラインに投稿が表示されるようになります。

イメージ的には、Facebookとかなり似たような感じになっています。

キャラ(笑顔)

ただし、LINEの場合にはそれほど仲の良くない人ともメッセージで連絡を取るために友だちになったりしますよね。

ですから、Facebook上には気軽に投稿できる内容であっても、LINEタイムラインではなかなか投稿しづらい場合もあります。

そんな時には、LINE友だち毎にタイムラインの投稿を表示するか否かをあらかじめ設定しておくことができます。

全投稿の公開範囲を設定変更する方法

『その他』⇒『タイムライン』

まずはLINEアプリを開いて『その他』の項目から『タイムライン』へと移動して下さい。

また、このタイムライン設定画面で『新しい友達への公開』がオンに設定されていると、新しくLINEアプリで友達登録された相手に対しては自動的にタイムラインの投稿を公開されるようになります。

もし、新しくLINE友だちを追加した際にその都度自分自身で後悔するか判断したい場合には、『新しい友達への公開』はオフに設定変更しておきましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-16-08-59

『公開範囲設定』⇒友だち毎に『公開』もしくは『非公開』を選択

続いては、LINEタイムラインの『公開範囲設定』をタップして下さい。

そうするとLINEアプリに追加されている友だちが一覧で表示されます。

LINEタイムラインの投稿を公開したい相手には『公開』と設定し、投稿を見られたくないと感じる相手には『非公開』と設定します。

LINE友だち毎にタイムラインの公開設定を済ませたら、画面右上に表示されている『保存』をタップして完了です。

ちなみに、アンドロイド版LINEの場合には『保存』ではなく『チェックマーク』になっています。

LINEタイムライン, 公開範囲, 設定方法

タイムラインに投稿する際に、『自分のLINE友だち』を選択

設定変更を完了させた後は、LINEタイムラインに投稿する際に『自分のLINE友だち』を選択することで、先ほど『公開』に設定変更したLINE友だちだけにタイムラインの投稿を後悔することができるようになります。

ちなみに、『公開範囲設定』で非公開を選択されたLINE友だちがあなたのタイムラインに表示すると『まだ投稿がありません。』と表示されるようになります。

LINEタイムライン, 公開範囲, 設定方法

投稿毎にプライバシー設定をする方法

先ほどお伝えした方法では 公開範囲を一律でしか設定できませんが、コチラの方法ではタイムラインの投稿毎に公開範囲を設定することができます。

タイムラインの公開範囲を一律で設定したとしても、一部のLINE友だちとだけ共有したい内容もあるはずです。

そんな時には、タイムラインの投稿毎に公開範囲を設定するととても便利です。

さらに、一度設定した公開範囲は『公開リスト』として保存することができ、それ以降にワンタッチで簡単に設定することができます。

LINEタイムライン, 公開範囲, 設定方法

『タイムライン画面』⇒『To:欄』

タイムラインの投稿毎に公開範囲を設定したい場合には、投稿画面上に表示されている『To;欄』をタップします。

ちなみに、デフォルト設定の状態では『自分のLINE友だち』にタイムラインの投稿を公開する設定になっています。

『To;欄』をタップするとタイムライン投稿の公開範囲を設定できる画面へ移動します。

LINEタイムライン 公開範囲設定

この画面上ではLINEのグループトークを公開範囲として設定することもできますし、『自分だけで見る』という公開範囲に設定すれば、LINEタイムラインをメモ代わりとしても使うこともできます。

さらに、『+(追加)マーク』をタップすると、LINE友だちの中でも特定の友だちを選択して個別に公開範囲を設定できる『公開リスト作成画面』へ移動します。

そうすると、LINEアプリに追加されている友達リストが一覧で表示されるので、タイムラインの投稿を公開したいLINE友だちのみをタップして選択しましょう。

ちなみに、特定の友達に対して投稿を非公開にするといった方式では公開範囲を設定することはできません。

タイムラインの投稿をシェアしたいLINE友だちを全員選択し終わったら『選択』ボタンをタップして完了です。

LINEタイムライン 公開範囲設定

続いて、選択したLINE友だちのリストに名前を付けていきます。

こうすることで、次回以降はリスト名をワンタップするだけで、タイムラインの公開範囲を簡単に個別設定することができます。

ですから、リスト名としては友だちリストの特徴が分かりやすいようなものを付けておくと選ぶ際に便利です。

リスト名の入力が完了したら、画面右上に表示されている『完了』ボタンをタップします。

LINEタイムライン, 公開範囲, 設定方法

以上のプロセスを正常に完了させていると、新しく作成された公開リストが投稿の公開範囲設定画面に表示されます。

LINEタイムラインの公開範囲として適当な公開リストを選択して『完了』をタップすれば設定完了です。

LINEタイムライン 公開範囲設定

タイムラインの投稿画面に戻ったら、『To:欄』に設定された公開リストが表示されています。

ここで、『完了』ボタンをタップすればLINEタイムラインに投稿されるようになります。

LINEタイムライン 公開範囲設定

LINEタイムラインへの投稿が完了してからも、公開範囲を再度確認することができます。

LINEタイムライン 公開範囲設定

自分の名前の真下に表示されている人形アイコンをタップして下さい。

LINEタイムライン 公開範囲設定

そうすると、『この投稿を見られる友だち』という画面が表示され、投稿が公開されているLINE友だちを一覧で確認することができます。

また、この画面はタイムラインに投稿した本人のみが確認できるため、LINE友だちに公開範囲がバレてしまうことを心配する必要はありません。

LINEタイムライン 公開範囲設定

さらに、投稿の公開範囲設定画面で右上に表示されている歯車マークをタップすれば、公開リストの編集も行うことができます。

LINEタイムライン 公開範囲設定

公開リストの名前を変更することができますし、LINE友だちの追加や削除をすることも可能です。

LINEタイムライン 公開範囲設定

『全体へ公開』機能の使い方&注意点

LINEタイムライン上での投稿の公開範囲は以前まではLINE友だち、もしくはLINEグループに限られていましたが、

LINE友だちとして追加していないLINEユーザーに対してもタイムラインの投稿を表示させることが可能になる『全体公開』機能が使えるようになりました。

しかしながら、「全体に公開」に設定した投稿がFacebook投稿のように全ユーザーに公開されるわけではなく、あなたのLINE友だちが投稿をシェアした場合にのみ、その友だちのユーザーに対して表示されるようになります。

LINEタイムライン 公開範囲設定

また、『全体へ公開』の設定を利用する際に注意すべき点は一律で『非公開』に設定していたLINE友達に対しても、投稿が表示されるようになるということです。

非公開に設定していた友達のタイムラインに投稿は表示されますし、あなたのホーム画面に移動した場合にもいつでも表示されます。

さらに、LINE運営は『全体に公開』に設定された投稿の内容は、その都度LINE運営がチェックするということを以下のように明言しています。

「全体に公開」に設定されたタイムライン投稿及び、他のユーザーに通報された投稿に限り、犯罪や不正な利用を目的とした利用を防ぐため、モニタリング制度を導入いたします。不正利用が確認された場合は、投稿の削除などの措置を行いますので、ご了承ください。

なお、電気通信事業法で定められた通信の秘密を保護するため、いままで通り、トーク内容及び友だち、グループ、または自分の友だちのみを公開対象にしたタイムライン投稿のモニタリングは行いません。

この理由としては、根拠のない噂話などが拡散されて、不必要な混乱が発生することを防ぐ意図があります。

タイムラインをLINE友だちではない人々に対しても表示するため、投稿内容が一定基準を見対しているかのチェックが必要なわけです。

最後に

今回のブログ記事では、LINEタイムラインの公開範囲の全体設定・個別設定の方法についてお伝えしていきました。
キャラ(笑顔)

まずは全体設定で仲の良いLINE友だちにのみタイムライン投稿が表示されるように設定することをオススメしますし、

公開リストも場合によってはあらかじめ幾つか作成しておくことで、投稿のプライバシーを守ることができます。

また、LINEタイムラインをLINE友だちではないユーザーにも表示させることのできる『全体公開』機能を利用する際には、LINE運営側にチェックされることを考えて、不適切な内容を無責任に投稿することは控えましょう。

今回はLINEタイムラインの公開範囲の設定方法についてお伝えしていきましたが、以下のブログ記事ではLINEグループのメンバーを強制的に退会させる方法とバレるリスクを解説しています。