LINEモバイル フィルタリング 使い方 設定方法

LINEモバイルではフィルタリングアプリ
『iフィルター』を利用することで、

ウイルスに感染してしまうような悪質なサイトへの
アクセスを遮断することができます。

今回のブログ記事では、『iフィルター』で使うことができる
機能や設定方法をお伝えしていきます。

キャラ(笑顔)

最近ではスマートフォンやタブレット端末を
使う小学生や中学生も多いですが、

そんな時代だからこそ、
出会い系サイトやSNSによる個人情報流出、

高額請求などのネットの危険から
身を守る能力が求められます。

そこで今回のブログ記事では、
LINEモバイルで利用することができる

フィルタリングアプリ『iフィルター』の使い方から
基本的な設定方法まで分かりやすくお伝えしていきます。

大切なお子さんにスマートフォンなどを使わせる際にも、
とても重要な内容になっていますから、ぜひチェックしてみて下さい。

今回のブログ記事のコンテンツ一覧
  • フィルタリングアプリ『iフィルター』とは?
  • 『iフィルター』の3つの特徴
  • 『iフィルター』の使い方&設定方法

それではまず、フィルタリングアプリ
『iフィルター』とはいったい何なのか?

といった疑問を持たれている方々のために、
基本的な情報を一緒に確認していきましょう。

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

フィルタリングアプリ『iフィルター』とは?

LINEモバイル フィルタリングアプリ i-フィルター

フィルタリングアプリとは、設定しておいたジャンルや内容を含むウェブサイトに
スマートフォンやタブレット端末がアクセスすることを防ぐ機能があります。
キャラ(笑顔)

『ウイルス対策ソフト』はパソコンやスマートフォンが
ウイルスに感染してしまってから対処をしますが、

『フィルタリングアプリ』を使えば、
悪質なサイトへのアクセスを遮断して
そもそもウイルス感染を防ぐことができます。

例えば、フィルタリングアプリでは以下のような
ネット被害の原因になりかねないサイトへの
アクセスを未然に防止することができます。

  • 有害情報を含むサイト
  • ネット被害にあう危険性があるサイト

最近では友人との待ち合わせや連絡先の交換に
スマートフォンの使用は必要不可欠になってきましたが、

未成年者がLINEモバイルを利用する場合には、
フィルタリングアプリを導入することが義務となっています。

ちなみに、どうしてもフィルタリングアプリを使いたくない場合には、
利用者の親権者からの同意が必要となっているので注意して下さい。

それでは続いて、『iフィルター』を使うことによって得られる
3つのメリット・特徴についてご紹介していきます。

『iフィルター』の3つの特徴

高精度のフィルタリングが簡単にできる

利用者の年齢をチェックするだけで、
『iフィルター』が提供している推奨設定で
フィルタリング機能をオンにすることができます。

また、年齢によって選択したデフォルトの設定内容を下に、
個別に閲覧しても良いジャンルやウェブサイトを
カスタマイズ設定することもできます。

ですから、未成年者がLINEモバイルを利用する際にも
安全性を担保した上で快適にインターネットを使うことができます。

検索キーワードやなどの利用状況が把握できる

フィルタリングアプリ『iフィルター』が
インストールされていないパソコンを利用すれば、

お子さんがスマートフォンでどういった検索キーワードで
ネットサーフィンをしているかだったり、

普段どういったウェブサイトにアクセスしていたり、
アクセスがブロックされているのかをチェックできます。

この監視機能のおかげで、お子さんがどういった内容に興味を持っていて、
どのようなウェブサイトにアクセスしているのかという利用状況が分かります。

インターネットの利用時間を制限できる

お子さんのスマートフォンの利用時間が長時間に及ぶと
生活や健康に支障をきたしてしまうことになります。

フィルタリングアプリ『iフィルター』では
インストールしているスマートフォンの利用時間を設定して、

利用時間が超過した場合には、
ネットへのアクセスを制限することができます。

さて、この項では『iフィルター』の便利な
3つの機能・特徴についてご紹介してきましたが、
続いては実際に申込登録を行う手順を解説していきます。

『iフィルター』を使うまでの流れ

『マイページ』⇒『プラン・オプション』
⇒『フィルタリングアプリ申し込み』

まずは、LINEモバイルのマイページにログインしましょう。

そうすると、メニュー画面に『プラン・オプション』
という項目があるのでこちらをタップします。

次に、『フィルタリングアプリを申し込む』という項で
『利用する』にチェックを入れた上で『申し込む』をタップします。

LINEモバイル i-フィルター フィルタリング

フィルタリングアプリ『iフィルター』をインストール

フィルタリングアプリ『iフィルター』を導入したいスマートフォンで
アプリケーションをダウンロード&インストールしていきます。

『iフィルター』のダウンロードは
以下のリンクから行うことができます。

チェック ⇒  http://www.daj.jp/cs/r/mdmb/

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-16-42-46

以上のように、お使いになられているデバイスによって
ダウンロードするリンクが用意されています。

アンドロイドやiPhone、そしてWindows端末ごとに
デバイスに適したリンクからダウンロードするようにしてください。

シリアルIDを入力してアクティブ化

『iフィルター』のダウンロード&インストールが完了すると、
アプリをタップして起動してみましょう。

そうすると、以下のように
シリアルIDを入力する画面が表示されます。

マイページに『フィルタリングアプリコード』
というものが記載されています。

そちらのシリアルIDを入力すれば、
『iフィルター』のアクティブ化は完了になります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-16-42-55

最後に

今回のブログ記事ではLINEモバイルのフィルタリングアプリ
『iフィルター』の使い方と基本的な設定方法についてお伝えしていきました。
キャラ(笑顔)

お子さんにスマートフォンを使わせる場合には
フィルタリング機能を使って利用状況を確認したり、
あらかじめアクセス制限をかけておくことが大切です。

ウイルス対策ソフトではパソコンやスマートフォンが
ウイルスに感染してから対処をすることであればできますが、

そもそもパソコンやスマートフォンをウイルスに感染させたくない場合には、
フィルタリングアプリを使って事前にアクセス制限することが効果的です。

キャラ(笑顔)

また、こちらのブログ記事では電話番号を変更することなく、
他者からLINEモバイルに切り替えられるMNPについて解説しています。