LINEアカウント 通報 バレる

LINEアカウントを通報すると相手にバレてしまうのか?
そして、通報すれば確実にアカウント停止・削除できるのか?といったLINEに関するよくある質問について解説していきます。
キャラ(笑顔)

LINEを普通に使っていればまず通報されることはありませんが、人によっては知らないアカウントからメッセージが送られてきて、LINE運営に通報したいと感じることもあるはずです。

いきなり『友だちになって下さい!』といったメッセージや通知で一杯になってしまうほど大量のメッセージが送られてきたり、公序良俗に反する内容のメッセージが送られてくることもあります。

こうしたユーザーからのメッセージを個人的にシャットアウトするだけなら特定のユーザーをブロックするだけで十分ですが、LINEの通報機能を使うことでLINEアカウントそのものをLINE運営に削除してもらって他のユーザーに対しての迷惑行為も未然に防ぐことができます。

ブログ記事のコンテンツ一覧
  • 通報機能の使い方
  • 通報したことがバレる可能性について
  • 通報からアカウント停止・削除までの流れ

それではまず、LINEでアカウントをブロックすることと通報する違いについてお伝えしていきます。

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

通報機能の使い方

通報機能は知らない相手から初めてメッセージが来てから、友達登録・追加するまでの間であれば利用することができます。
キャラ(笑顔)

それでは、ここからは知らないユーザーからメッセージが届いてから通報するまでの流れをシュミレーションしていきたいと思います。

まず、知らないユーザーからメッセージが届くと、以下のような画面が表示されます。

『+追加・ブロック・通報』の3つのアクションを選ぶことができますが、とりあえず最初は放っておいて様子を見ておきましょう。

LINEアカウント 通報 ブロック

放っておいてみた所、以下のようにたくさんメッセージが届くようになりました。

コレでは流石に迷惑ですから、他のLINEユーザーのためにも通報するようにしましょう。

通報したいと感じた場合には、右上のメニューボタンをタップしてから『通報』の項目をタップして選択するようにします。

キャラ(笑顔)

ちなみに、通報はLINE上で友達追加が完了する前の段階でしか行うことができません。

もし、既に追加してしまったユーザーが迷惑な場合には通報はできませんから代わりにブロックするようにしましょう。

『通報』をタップすると、以下のように通報しようと思うに至った理由を選択する画面に移動します。

送られてきたメッセージ内容に合わせて理由を選択してから『同意して送信』のボタンをタップします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-20-09-41

そうすると、以下のように『通報しました。』というメッセージが表示されます。

また、LINEアカウントを通報すると通報と合わせてブロックすることができます。

通報するような迷惑なユーザーはついでにブロックしておきましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-20-09-51

LINEアカウントを通報すると、LINE運営が通報を受けたアカウントがスパムかどうかを判断するために、対象のユーザーから受信した最新100件までのトーク内容とユーザーの情報が送信されます。

トーク内容をチェックした上で、LINE運営側はアカウントを停止・削除するかどうかを判断するようです。

キャラ(解決)

ちなみに、あなた側から送られたメッセージはLINE運営には送られないため安心して下さい。

通報したことがバレる可能性について

あなたが他のLINEアカウントを通報したとしても、基本的にこの事実が相手に伝わることはありません。
キャラ(笑顔)

ただし、明らかな迷惑行為をあなたのアカウントにしかしていない場合などであれば、通報によってアカウント停止・削除された場合には、あなたに通報されたのでは?と推測することはあると思います。

通報が成されるとLINE運営側に直近のトーク履歴100件が送られるだけで、通報したアカウントや通報されたアカウントに対しては特に通知が送られたりすることはありません。

通報からアカウント停止・削除までの流れ

ある特定のLINEアカウントが通報されたからといって、LINE運営側から即刻停止・削除されることはありません。
キャラ(笑顔)

前述したようにLINEの通報機能を使うと、通報されたユーザーの直近100件のトーク履歴がLINE運営に送られる仕組みになっています。

直近のトーク履歴100件をチェックされた後に極めて悪質だと判断されたアカウントであれば、即刻アカウントが停止・削除させられるといったこともあるかもしれませんが、基本的にはある程度様子が見られます。

それでも、他にも多数のLINEアカウントから通報され続ける状態が続くようであれば、やっと停止・削除されます。

また、以下のような行為を行っているとあなたのアカウントも通報を受けてしまうかもしれません。

  • 友達に追加されていないユーザーにいきなりメッセージを送る
  • 「知り合いかも?」で表示された相手にメッセージを送る

実際の友人にLINE経由でメッセージを送る場合であっても、びっくりされて通報されないように友達に追加してもらってからメッセージのやりとりをするようにしましょう。

最後に

今回のブログ記事では、LINEの通報機能の使い方から通報がバレる可能性やLINE運営の対応などについてお伝えしていきました。
キャラ(笑顔)

知らない相手からメッセージが届き、他のLINEユーザーにとっても迷惑だと思われる場合には友達に追加せずに通報してしまうようにしましょう。

また、面識のない迷惑なLINEアカウントを通報したとしてもあなたによって通報されたということがバレることは基本的にありません。

しかしながら、もしどうしても気になるようであれば、単純に迷惑なアカウントをブロックするだけに留めておくのもありです。

キャラ(解決)

こちらのブログ記事ではLINEアプリのID交換をする危険性やデメリットについて解説しています。