LINE, 非表示, ブロック, 違い

  • LINEの『非表示』と『ブロック』の違いって何?
  • 『非表示』と『ブロック』それぞれの相手からの見え方が気になる。。。
  • 『非表示』や『ブロック』をLINE友達にバレずにやる方法ってあるの?

LINEアプリには『非表示』と『ブロック』という異なる機能がありますが、具体的にどういった違いがあるのかなかなか和kっていない方も多いのではないでしょうか?

キャラ(笑顔)

そこで今回のブログ記事では、『表示』と『ブロック』の違いをチェックした上で それぞれの機能を使っている際のLINE友達からの見え方の違いなどについてもご紹介していきます。

まず結論からお伝えすると、LINEアプリの『非表示機能』はアプリ画面上から必要のない情報を削除して、画面を整理する目的で使われます。

そのため、『非表示』の機能は全てあなた自身のスマホ内で完結しますから、LINE友だちからの見え方などが変わることは一切ありません。

キャラ(解決)

LINEアプリの『非表示機能』に関する疑問や使い方については、コチラのブログ記事で分かりやすく解説しています。

その反対に、LINEアプリの『ブロック機能』は特定のLINE友だちとの交流を絶つことが目的となっているため、タイムラインやホーム画面の表示などが切り替わります。

そこで今回のブログ記事では『ブロック機能』を使った際に、あなたのLINEアカウントがブロックしたユーザーからはどのように見えるのかということにフォーカスしてお伝えしていこうと思います。

ブログ記事のコンテンツ一覧
  • LINEトークへのブロックの影響
  • 無料通話へのブロックの影響
  • グループトークへのブロックの影響
  • タイムラインへのブロックの影響
  • プロフィールへのブロックの影響

それではまず、特定のLINE友だちをブロックした際のトークルームへの影響からチェックして行きましょう。

記事は下に続きます。
スポンサーリンク

LINEトークへのブロックの影響

キャラ(笑顔)

LINEトークがブロックの一番気付かれやすいポイントだと思われます。

LINE友だちブロックすると、その相手からのメッセージがそもそもあなたのLINEトークに対して反映されないようになります。

つまり、その相手からのLINEトークは確認しようがないため、『いつまでも既読がつかない』という状態になります。

その結果、ブロックされたLINE友だちからしたら『ん??いつまでも既読にならないなぁ〜。。。』とブロックを疑われるようになります。

ちなみに、あなたがブロックを後で解除したとしても、ブロックしている間に送られていたメッセージは確認することができません。

そのため、ブロックの解除以降に送信されたメッセージのみ確認することになり、LINE友だちにとっては 特定のメッセージに既読がつかないまま返信が返ってくるような状況にもなる場合があります。

キャラ(解決)

LINEトークをしていると、既読がつかないままメッセージが送られてくることがありますが、その際の原因についてはコチラのブログ記事でまとめてご紹介しています。

無料通話へのブロックの影響

キャラ(笑顔)

ブロックしている相手から無料通話があっても、あなたのLINEアカウントでは着信すら通知されないようになります。

その一方で、ブロックされている相手の方では『自分で着信を切らない限り、いつまでも呼び出し音が鳴り続ける。』というふうになります。

ですから、LINEでブロックされている相手が無料通話をかけてきたとしても、無料通話の応答の違いによってブロックされているかどうかを判断することはできません。

キャラ(笑顔)

LINE無料通話とブロックの関係性については、コチラのブログ記事でより詳しく解説しています。

グループトークへのブロックの影響

キャラ(笑顔)

既に同じLINEグループに入っていた特定のLINE友だちをブロックしたとしても、LINEグループ上でのトークはこれまで通りに表示され続けます。

ブロックした相手からのメッセージであっても これまで通りに確認することができますし、メッセージにも既読が付きます。

また、これは相手のアカウントでも同様に、あなたがLINEグループで何かしら発言した際には、筒抜け状態となります。

ちなみに、このLINEグループの特性を活用することで、特定のLINE友だちにブロックされているかどうかを気付かれずに確認することができます。

タイムラインへのブロックの影響

キャラ(笑顔)

ブロックされた相手は あなたのホーム画面やタイムライン上の投稿を確認することができなくなります。

たとえば、ブロックされた相手があなたのホーム画面に移動すると『まだ投稿がありません。』というメッセージのみ表示されるように鳴ります。

また、タイムライン上でも今まで表示されていた投稿も含めて、ブロック以降に投稿されたものも全て表示されなくなります。

もともとホーム画面に何も投稿していなかった場合であれば、相手に気づかれる可能性はほとんどないですが、以前にタイムラインなどで交流があった場合にはバレてしまう原因にもなります。

ちなみに、タイムライン上の投稿はLINE友だちをブロックせずとも 公開範囲を設定することができます。

キャラ(解決)

LINEタイムラインの公開範囲を設定する方法については、コチラのブログ記事で分かりやすく解説しています。

プロフィールへのブロックの影響

キャラ(笑顔)

通常、LINE友だちのプロフィール画面へ移動すると、『ステータスメッセージ・LINEミュージック・カバー画像・プロフィール画像』が表示されます。

そして、ブロックされた相手であっても プロフィール画面上では、これまで通りに『ステータスメッセージ・LINEミュージック・カバー画像・プロフィール画像』を全て確認することができます。

ですから、プロフィール画面をチェックしただけでは相手はアカウントがブロックされたかを判断することはできません。

最後に

今回のブログ記事では、『表示』と『ブロック』の違いをチェックした上で それぞれの機能を使っている際のLINE友達からの見え方の違いなどについてもご紹介していきました。
キャラ(笑顔)

LINEアプリの『非表示機能』はアプリ画面上から必要のない情報を削除して、画面を整理する私的な目的で使われるので、『非表示』の機能は全てあなた自身のスマホ内で完結します。

ですから、『非表示機能』によってはLINE友だちからの見え方などが変わることは一切ありません。

キャラ(解決)

LINEアプリの『非表示機能』に関する疑問や使い方については、コチラのブログ記事で分かりやすく解説しています。

その反対に、LINEアプリの『ブロック機能』は特定のLINE友だちとの交流を絶つことが目的となっているため、タイムラインやLINEトーク、ホーム画面の表示などが切り替わるようになります。